Top > > 3章『賤ヶ岳の戦い』
HTML convert time to 0.012 sec.


魏/3章『賤ヶ岳の戦い』

Last-modified: 2009-09-12 (土) 04:03:34

内容 魏3章 Edit

難易度:★★☆☆☆
制限時間:60分

あらすじ Edit

曹操の器を認めた女媧は、ついに沈黙を破った。
平清盛の存在、そしてその目的が遠呂智の復活であること…。
これを知った曹操は諸将に他勢力の取り込みを命ずるとともに、
自らも檄文を発し、清盛に対抗すべく行動を開始する。

張郃もまた曹操の命を受け、
かつての主でもあり、現在の君主の友袁紹を懐柔するため対峙する。

勝利・敗北条件 Edit

勝利条件袁紹の撃破
敗北条件本陣の陥落

軍団情報 Edit

魏軍太史慈軍袁紹軍所持品
張郃(楽進)(太史慈)袁紹-
孫礼(周魴)姜維武器
卞喜(陳武)高覧600
邢道栄(馬忠)文醜武器
荀攸顔良武器
曹叡淳于瓊300
田豊600
韓浩沮授武器
(袁譚)呂威璜150
(郭図)袁術150
(辛評)逢紀600
(袁熙)袁尚600
(高幹)審配600
プレイヤー呂翔300
呂曠300
袁譚華陀膏
郭図
辛評老酒
袁煕華陀膏
高幹
虎戦車×5


武器600300150
43000(5)900(3)300(2)

発生イベント Edit

イベント名イベント内容発生条件
敵兵器進軍前線に虎戦車×2が進軍ステージ開始後
離間の計荀攸が袁譚に向け進軍開始
到着で袁譚・郭図・辛評が寝返り
袁紹の書状姜維が袁煕へ向け移動開始袁譚の寝返り
袁紹軍進軍開始中央砦、西砦の敵軍が進軍開始袁紹の書状発生
偽姜維袁煕・高幹が寝返り
敵本陣開門
袁紹の書状発生後、袁熙の元へ到着する前に姜維を撃破
太史慈軍登場南西に太史慈軍出現
寝返っていない袁紹軍が全軍進軍開始、寝返らなくなる
袁煕の寝返り、または西砦の武将全撃破

掛け合いイベント Edit

発生条件・内容味方武将掛け合い
戦闘開始後任意張郃「袁紹殿は迎撃の構え、戦いは避けられませんか…」
戦闘開始後任意袁紹「姜維、お前の知略で魏軍を粉砕するのだ!」
戦闘開始後任意姜維「己の力を試すため、蜀を離れてはや数ヶ月…」
姜維「願っても無い機会、必ず勝利して見せましょう」
虎戦車に接近任意張郃「なんと武骨で粗末な兵器…姜維殿の仕業ですね!」
虎戦車を全て破壊任意張郃「あのお粗末な兵器は、片付いたようですね…」
一定時間経過任意張郃「美しい勝利を得るため、ここは策を用いましょう」
張郃「袁三兄弟は不仲とか それを利用するのです」
荀攸「承知いたしました 私が袁譚と話してみましょう」
荀攸が袁譚と接近任意荀攸「袁譚殿、袁紹殿は三男の袁尚殿を後継にお考えとか」
荀攸「しかし袁家を継ぐ英雄の器は袁譚殿、あなたのはず」
荀攸「我らがお味方しますゆえ、決起されてはいかがです?」
袁譚「その話、まことか…ならば、こうしてはおれぬ」
袁譚「荀攸殿、頼む 力を貸してくれ!」
袁譚寝返り後任意袁紹 「何?譚が敵に寝返っただと…信じられん」
姜維「これは離間の計かと このままでは袁熙殿も…」
姜維「私が袁熙殿と話します 袁紹殿は書状を」
袁紹「わかった 姜維、無事に書状を届けてくれ!」
袁紹「さて、名族を謀る者を懲らしめねば」
姜維到着任意姜維「袁熙殿、袁紹殿より書状を預かってまいりました」
袁熙「おお姜維か、ご苦労である」
袁熙「なるほど、敵の詐術にかからぬように、とな・・・」
姜維到着阻止任意姜維「う…私の動きが読まれていたというのか」
龐統龐統「お前さん、諸葛亮とは決別したのかね?」
姜維「決別など… あなたには関係ない!」
張郃張郃「袁紹殿に仕えるとは、思い切ったご決断ですね」
姜維「袁紹殿は私の才を買ってくれた…ご期待に応えねば」
石田三成三成「見せろ、大事そうに何を抱えている」
姜維「見せろと言われて、素直に見せるとでも?」
前田利家利家「さあ、まずは、仁義切ってってもらおうか!」
姜維「仁義ね…切るのはそれだけでよろしいかな?」
偽姜維出現任意張郃「それでは…偽姜維、出番ですよ」
袁熙「お前は、姜維…か?どうしたのだ」
偽姜維「袁譚様が曹魏を味方につけて決起なさいました」
偽姜維「兵力差は歴然、袁熙様も袁譚様にお味方なさいませ」
袁熙「な、なんということだ…わかった、仕方あるまい」
袁熙離反後任意兵士「袁熙様が離反! 姜維様は敗退いたしました!」
袁紹「なにぃ…おのれ、名族を虚仮にしおって…」
太史慈軍到着任意太史慈「曹丕殿の要請に応え、援軍に参った!」
曹丕曹丕「孫呉との連合、まずは成功したようだな」
顔良を撃破任意張郃「おお、袁家の勇将・顔良を倒すとは、お見事!」
文醜を撃破任意張郃「おお、袁家の名将・文醜を倒すとは、素晴らしい!」
顔良、文醜を撃破して袁紹に接近任意
夏侯惇夏侯惇「おい、長生きしたければ孟徳に従え」
袁紹「私に対して上から物を言うな、この無礼者めが!」
張郃張郃「袁紹殿、私は戦をしに来たのではありません!」
袁紹「黙れい! 私をたばかること、許さぬぞ」
甄姫甄姫「曹操様は、袁紹様のお力を必要としているのです」
袁紹「それが真実ならば、曹操自ら頼みに参らぬか!」
曹丕曹丕「我らに協力するがいい、悪いようにはせん」
袁紹「黙れ小僧!それが名族にものを頼む態度か!」
くのいちくのいち「わ、名族がいる!みんな見て、名族がいるよ!」
袁紹「ええい、騒ぎ立てるな!見せ物では無いわ!」
袁煕に接近甄姫袁煕「甄姫…、私の元に戻って来てくれたのか!」
甄姫「あら、勘違いなさらないで」
ステージクリア任意袁紹「ぬう…認めたくないが…完敗だ…」

シナリオ開幕・終幕時会話 Edit

開幕時
基本的な流れ

張郃遠呂智亡き後…
袁紹殿はかなりの勢力を得たようですね
ですが…遠呂智が復活しようとしている今
袁紹殿にふさわしきは主役ではなく脇役!
袁紹殿にはこの戦で
己の役割を理解していただきましょう…
 

終幕時
基本的な流れ

太史慈ふ、曹操殿と曹丕殿はやはり親子
やり方がどこか似ている
張郃他勢力を吸収し、清盛に対抗する力を得る…
少々手荒いですが、ご容赦ください
太史慈気にするな 孫呉も事情は織り込み済みだ
問題は…袁紹の説得ではないか?
姜維力ずくで我らを従わそうとするとは…
曹操殿は第二の遠呂智となるつもりか!
袁紹姜維、もうよい…
敗軍の将に戦を語る口はなし…
張郃、お前の勧めどおり、私は友の力となる
それが世を正す最善の策であろう…
ランダム
袁紹友がどうしても、と頭を下げているのだ
名家の長として救わぬわけにはいくまい!
ゆくぞ! 曹操軍を加えた新生袁紹軍が
必ずや遠呂智の復活を阻止してみせよう!
張郃…ある意味、安心いたしました
では曹操殿の下へ参りましょう!
 

ランダムに入る武将と台詞

張郃このような潔い袁紹殿は初めて見ました
感動ですね…
黄忠潔い態度じゃ! 見直したぞ!
魏延…素直ダナ…
典韋なんだ? あっさりしてやがんな?
夏侯淵やけに素直じゃねえか…気持ち悪いな
黄蓋よう言った! 悪いようにはせんからな!
大喬ありがとうございます!
皆さんも喜ぶことでしょう…
小喬うんうん!
あたしも友達になったげるね!
凌統へえ…遠呂智との戦を経て
器が少しでっかくなったみたいだね…
董卓もう少し駄々をこねると思ったが…
拍子抜けじゃ
孟獲またふざけたことを言うかと思ったが…
やるじゃねえか、袁紹!
祝融負けを素直に認めたかい…
さっぱりしてていいよ!
卑弥呼そ、そない落ち込まんと…
元気出し? な?
織田信長クク…で、あるか
石川五右衛門ちょ、調子が狂うぜ…
阿国素直でかいらしわあ〜
くのいちなんか嫌な予感がするのはあたしだけ…?
ま、気にしない、気にしない
雑賀孫市このおっさんもさすがに成長したか…
武田信玄そんな殊勝な顔せんと…
勝敗は時の運じゃし?
今川義元これからは麻呂と蹴鞠ろう、の!
豊臣秀吉こいつでも落ち込むことがあるんか…