Top > 無双OROCHI Z > ストーリーモード > > 2章『長谷堂の戦い』
HTML convert time to 0.013 sec.


無双OROCHI Z/ストーリーモード/蜀/2章『長谷堂の戦い』

Last-modified: 2017-08-13 (日) 14:39:27
 

内容 蜀2章 Edit

難易度:★☆☆☆☆
制限時間:45分

あらすじ Edit

上田城を脱獄した趙雲・立花一行。遠呂智軍を見つけ身を潜めようとしたが、
遠呂智軍が護送していた檻車の中には蜀残党であったが孫策と徐晃に捕まった月英がいた。
助けに入った趙雲達がそこで出会ったのは、
鉄砲集団『雑賀衆』の頭領である女好き・雑賀孫市であった。

  • 檻車で輸送中の月英を救出し、一緒に脱出せよ。雑賀孫市と合流するかどうかで戦の明暗が分かれる。
  • 遠呂智軍の軍師妲己登場。ついでに石田三成や、蜀の軍師・諸葛亮も登場。(龐徳とかもいるけど)
  • ステージクリアで月英、雑賀孫市が使用可能になります。
  • 「易しい」だと明らかに月英や自軍総大将まで弱く、「普通」よりあっさりと死んでしまいます。
    といってもここに初めて来た程度では「普通」ですんなりいけるほどキャラも育ちきっていないだろうから、馬に乗って急げ急げ。
    どうしてもツラければ、他のシナリオのフリーモードで多少鍛えてから「普通」を推奨。
  • 月英を助けた後に門が閉じる。先に門をくぐってしまうと月英だけ取り残されます。…伏兵を忘れずに。
  • 貴重品のため急ぎすぎると後続の自軍総大将達と距離が開いてしまい、月英救出後の展開で、月英と総大将の救援の両立が難しくなります。
  • 月英が乗せられてる檻車の近くに味方を集めて、門の後ろらへんに戻ってまた来てみると……(何が起こるかは自分の目で確かめてみて)
  • 門が閉じたとき、武将が大量に現れ、雑魚兵も大量に現れる。ここで負けないように。

勝利・敗北条件 Edit

勝利条件月英およびプレイヤーの脱出地点への到達または妲己(本隊出現後追加)の撃破
敗北条件月英または趙雲(趙雲使用時は島津義久)の敗走

軍団情報 Edit

連合軍月英軍遠呂智軍所持品
趙雲(島津義久)月英大谷吉継武器
張苞(雑賀孫市)陰摩羅鬼300
王平張燕300
プレイヤー荒木村重300
野槌300
隠形鬼300
鉄鼠300
(妲己)
(龐徳)武器
(諸葛亮)武器
(周倉)300
(関索)300
(修陀)300
(三好長逸)150
(片倉小十郎)150
(白石宗実)150
(風鬼)150
[石田三成]武器
[蒲生郷舎]300
[吉川広家]300
[猪豚蛇]300


武器600300150
4-3600(12)600(4)

発生イベント Edit

イベント名イベント内容発生条件
雑賀孫市登場開始直後
第一関門突破荒木村重の撃破
落石妨害第一関門先の坂道に侵入
落石停止隠形鬼の撃破
第二関門突破守備頭の撃破
月英救出月英が友軍として参戦する月英の入っている檻を破壊する
遠呂智軍本隊出現南から妲己率いる遠呂智軍本隊が出現
さらに中央広場の前後の門を閉め、
プレイヤー、月英を閉じ込める
月英救出直後
三成来々石田軍が現れ、プレイヤー、月英を強襲
義勇兵増援民が出現中央広場までの7拠点を陥落させるたび
長逸、出陣第一関門南に三好長逸が出現
中央広場突破中央広場の4武将の撃破
索来々関索と修陀が現れる
小十郎、宗実、出陣第二関門南に片倉小十郎・白石宗実が出現
孫市自ら殿を願い出る雑賀孫市が中央広場に留まる
更に敵が月英よりも雑賀孫市を優先するようになる
龐徳、出陣龐徳が北西砦に出現
第四関所突破大谷吉継の撃破
亮来々諸葛亮と周倉が脱出地点手前に出現月英が脱出地点に接近
逃亡成功シナリオクリア月英とプレイヤーが脱出地点に到達

掛け合いイベント Edit

発生条件・内容味方武将掛け合い
戦闘開始直後任意月英「遠呂智軍に捕らわれるとは不覚でした…」
遠呂智軍「女、檻の中で暴れるな 騒いでも助けは来ぬわ」
月英「私はこのまま捕虜として…ああ、孔明様…」
孫市「囚われの姫、今色男が助けに行くぜ!
   …って突っ込んだはいいが敵多すぎ!参ったな」
趙雲「月英殿、今助けに参ります!」
鉄鼠「あの女の仲間か?奴らも潰せ!」
孫市と連合任意孫市「いいとこに来た!ちょっと手ぇ貸してくれるか」
趙雲孫市「俺は雑賀孫市 あんた、趙雲っていったっけ?」
趙雲「はい 孫市殿も遠呂智に対抗を?」
孫市「俺は単に美女を見過ごせないだけさ だが…
   魔王とか聞くと無性に邪魔したくなるのも事実だな」
星彩孫市「おお、美しいお嬢さんはじめまして お名前は?」
星彩「…何者?」
孫市「…趙雲、蜀の女ってのは皆こんなか?」
豊臣秀吉秀吉「孫市、お前も月英殿を追っとるんか?」
孫市「あんなべっぴん放っとけるかよ!」
秀吉「ほいじゃ、抜け駆けせんように助け合っていこうや!」
村重を撃破任意孫市「助けられちまったな ああ、あの女なら北へ行った
   おっと、俺も行くぜ 美女は放っとけないたちでね
   遠呂智軍は強えし、助け合いといこうぜ」
趙雲趙雲「月英殿が?ありがとうございます」
落石工作任意隠形鬼「来おったな!潰してくれるわ!」
月英を解放任意月英「危ないところでしたが、助かりました」
妲己「勝手に仲間増やして盛り上がらないでくれる?
   じゃ、そのお仲間もろとも、消えてもらおっかな!」
趙雲趙雲「まだ安心はできません
   私が安全なところまでお連れします」
25分経っても月英を解放しない任意妲己「困ってる人を見捨てるの?素敵な神経してるなあ
   そんな素敵な人の素敵な悲鳴、聞きたいなあ」
三成来々任意妲己「あなたたちは袋の鼠…
   思いっきりあがいて死んでみせて」
孫市と月英の接触任意孫市「月英さん、間近で見るあなたは最高に綺麗だ
   貴方のためなら、何度だって命を捨てるぜ!」
月英「では捨ててもらいましょう 道中の敵、頼みます」
孫市、反撃宣言の狼煙任意孫市「片付いたと思ったら…勝利の女神も思わせぶりだな」
月英「無駄口はいりません 突破します!」
孫市不在、攻撃指示の狼煙任意月英「こうしていても仕方がありません 突破します!」
月英、妲己を語る任意趙雲「あの女も遠呂智軍の将なのか?」
月英「彼女は妲己…魔王・遠呂智の腹心にして軍師よ」
孫市、月英に付け加える任意孫市「残忍で強くて頭もキレる
   それでいてあの顔ってんだから、たちが悪いぜ」
長免、出陣任意妲己「逃げられるかな?後ろからもいっちゃうよ!」
三成と対峙任意三成「諦めろ 下手に抗っては、なお無様だ」
星彩星彩「無様に敗れるのは…あなたよ…」
三成「不愉快な物言いをする奴だ」
小喬小喬「ねえねえ、その扇、あたしのと取り替えない?」
三成「断る」
小喬「えーっ!こっちの方が可愛くて似合うのにー」
島左近左近「妲己の守り役、殿には似合いませんよ?」
三成「くっ、お前がくるとは計算外だ…消えてくれ」
島津義弘義弘「遠呂智に降って、鬼島津の怖さを忘れたか」
三成「怖いと思ったものなどない」
立花訐藺訐藺紂岷麩っ劼慮い箸覆辰討癲△修諒言いは変わらぬな」
三成「貴様に言われたくはない」
直江兼続兼続「三成!義を棄て、不義に堕ちるとは何たること!」
三成「うるさい奴が来たな…説明はなしだ、来い!」
檻車地点を陥落任意月英「妲己は捨て置き、脱出地点を目指しましょう!」
妲己「案外ねばるんだ…楽しくなってきちゃった」
孫市を閉じ込めてから檻車地点を陥落任意孫市「だな…無茶したら火傷じゃ済まないぜ」
索来々任意月英「正確に先を読んだ伏兵…畳み掛けるような追撃…
   この軍略を私は知っている…まさか…」
孫市自ら殿を願い出る任意月英「敵の攻撃は苛烈 何とかしなければ…」
孫市「…よし、俺が囮になろう」
孫市の不覚任意孫市「ちっ、しくじったぜ 後はあいつらに任せるか…」
龐徳、出陣任意妲己「これでとどめ!最後はちょっと痛いかもよ?」
龐徳と対峙趙雲趙雲「手強いな だが、妲己の手下に敗れはしない!」
馬超馬超「龐徳殿!我が槍で目を覚まさせてやる!」
星彩星彩「妲己のいいなりね…呆れた…」
森蘭丸蘭丸「あなたが守るべき人は、妲己ではないはずです!」
島津義弘義弘「頑丈そうだな フン…潰しがいがある」
立花訐藺訐藺紂峙様ほどの士が妲己の僕とは惜しい」
亮来々任意諸葛亮「来ましたか…ですが私が終わらせましょう」
諸葛亮と対峙任意月英「孔明様、なぜです?なぜ遠呂智軍に…」
諸葛亮「月英…変わりないようですね」
月英「どういうことです?何をお考えなのですか?」
諸葛亮「敵に策を披露するほど軽率ではありませんよ」
趙雲趙雲「なぜあなたと戦わなければいけない」
諸葛亮「趙雲殿…その武勇、相変わらずですね」
姜維姜維「丞相!どういうことなのです!」
諸葛亮「姜維、あなたに説明がいりますか?」
星彩星彩「遠呂智の味方に…?わからない…」
諸葛亮「星彩、あなたはあなたの道を行くのです」
明智光秀光秀「かの孔明が妲己に組するなど、史家が泣きます」
諸葛亮「後世のことは後世の者に任せましょう」
島津義弘義弘「古の大軍師との戦、さても面白い」
諸葛亮「鬼と畏れられる武勇、拝見しましょう」
立花訐藺訐藺紂屬修寮陲芭花が討てるか!」
諸葛亮「この世で家名にどれほどの意味があるのでしょう」
諸葛亮を撃破任意諸葛亮「今は機ではありません 退かせていただきます」
月英「孔明様、お待ちください!孔明様!」
妲己と接触任意妲己「逃げるんじゃなかったんだ 感心感心!
   じゃ、私の手でやってあげる」
脱出任意月英「孔明様は、今は機ではないとおっしゃった
   何か深い考えがあるのでしょう…ええ、きっと」
妲己「あらそう、尻尾まいて退散ってわけね?
   ちょっとヌルかったかな?うふふ、次に期待してね」
妲己を撃破任意妲己「ひどいなあ、もう!おしおきとして…
   あとでたくさん遊んであげる…楽しみにしててね」
月英の悲鳴任意月英「蜀をひとつにするまで、倒れるわけには…」
月英の最期任意月英「これも私の力不足です…」

シナリオ開幕・終幕時会話 Edit

開幕時
基本的な流れ
趙雲…! 前方に軍勢がいる…
皆、身を潜めよ…
ランダム
趙雲うむ こちらは寡兵だが…見過ごせぬ!
檻車を奪い、救出しよう!
ランダムに入る武将と台詞
星彩趙雲殿、あれは…
月英殿が檻車に乗せられています…
月英殿は私と共に反乱軍にいた
救い出さなくては…
馬超趙雲殿、あそこを見てくれ
月英殿が檻車に乗せられている…
月英殿は俺と共に反乱軍にいた仲間だ
何としても救い出さねばならぬ!
姜維趙雲殿、あれを…
月英殿が檻車に乗せられています
月英殿は私と共に反乱軍にいたお方です
何とか救い出せないでしょうか…
森蘭丸趙雲殿、あれをご覧ください
月英殿が檻車に乗せられています
月英殿は私と共に反乱軍にいました
救出しなければ命が危ない…
直江兼続趙雲殿、あれを見てくれ
女性が檻車に乗せられている
か弱い女性を閉じこめ運ぶとは…
救わねば不義の誹りを受けるぞ!
終幕時
基本的な流れ
趙雲あなたも以前、遠呂智領にいたと聞く
その時に劉備殿の噂を聞かなかったか?
雑賀孫市野郎の噂には興味はないが…そういえば
成都で劉備を見たってあの娘が言ってたな…
趙雲おお! 貴重な情報、感謝する!
では我々は先を急ぐので…御免!
雑賀孫市ま、待て! 男とつるむのは本意じゃないが
今は非常事態だ 俺も連れてってくれ!
ランダム1
月英私にもわかりません…ただ孔明様は
いかなる時も大局を見られる御方
先の行動にも何か深い理由があるに
違いありません
ランダム2
ランダム1&2に入る武将と台詞
名前ランダム1ランダム2
立花訐藺月英殿…諸葛亮は貴様の夫だろう?
なぜ、攻撃をしてきたのだ?
あの激しい攻撃を受けても信じるのか
夫婦の絆とは…強いものなのだな
姜維丞相が月英殿を攻撃するなんて…
私にはどうしても…信じられません…
私も月英殿と同じ考えです
丞相の真意、きっと見抜いてみせます!
司馬懿いずれ、貴様らはこうなるとは思ったが…
訳を聞いてやろう
ふん、策のためならお互いが傷つくことも
厭わぬか… 薄気味悪い夫婦よ…
甄姫戦場で喧嘩とは…仲睦まじい夫婦ですこと
言い訳を聞かせてもらおうかしら?
信頼するのは結構ですけど
次は味方を巻き込まないでいただきたいわ
曹丕諸葛亮のあの行動…
妻なら思い当たる節があろう?
ふっ 妻は近すぎて夫の策が見えず、か
まあ今はそれでよかろう…
周瑜あの攻撃…くっ、諸葛亮の意図が読めぬ
月英殿は何かお気づきか?
私もそれぐらいはわかる…事の詳細が掴めぬ
ゆえ腹立たしいのだ…おのれ、諸葛亮…
陸遜妻である月英殿まで攻撃するとは…
これも諸葛亮先生の深謀…なのでしょうか?
月英殿もそうお考えでしたか
諸葛亮先生の心中、いち早く汲み取らねば…
孫策夫婦で戦うか…考えるだけでも辛いぜ…
なあ、こうなった理由を聞かせてくれ
へへ、そういうことか
いらぬ心配だったかもしんねえな!
大喬愛する人と戦うなんて、お辛いでしょう…
よろしければ訳を聞かせていただけますか
深い絆…ですね
わたしも月英殿を見習いたいです
小喬どーして、二人が戦うの?
ぜーったいに、おかしいよね?
でも、今は敵、なんだよね?
難しくてよくわかんなーい!
孟獲ワシとかあちゃんじゃ考えられねえ
おめぇら、何でやりあってんだ?
大局だか何だかしんねえが、自分の女房も
見えねえのに、そんなの見えんのか?
祝融あんた、亭主と女房は支えあうもんさね
亭主に攻撃されるなんてどういうことさ?
へえ、あんた涼しい顔して…
よっぽど旦那に惚れこんでるんだねえ
真田幸村月英殿、諸葛亮はあなたの夫と聞く
なぜ、攻撃を仕掛けてきたのだ?
なるほど…
月英殿の信じる心に感服いたしました
明智光秀月英殿、諸葛亮殿はあなたのご夫君
なぜ、妻であるあなたに攻撃を?
信頼を寄せているぶん、裏切られると…
いえ、あなたたちなら大丈夫でしょう
石川五右衛門月英さん、諸葛亮は旦那じゃねえのかよ?
攻撃を受けるたあ、どういう訳なんだ?
月英さんの心をこんなにがっちり盗むたあ
諸葛亮もとんだ、あ、大泥棒だあ〜!
雑賀孫市妻に手をあげるとは…ひどいもんだね
月英、訳を話してくれ 力になるぜ
ふーん、俺が忘れさせてやろうと思ったけど
こいつは想像以上に手強いね…
伊達政宗貴様…わしらが助けねば死んでおったぞ
諸葛亮は夫、月英は妻であろう…なぜじゃ!
策のためなら妻すら死なせる気か…馬鹿め!
わしならば、絶対そのようなことはせぬ!
稲姫諸葛亮様は月英様の夫のはず…
なぜ、このような無体な真似を!
夫の考えを冷静に読み、そして信じる…
月英様のような良妻になりたいものです
直江兼続月英殿、諸葛亮殿はそなたの夫のはず…
攻撃を受ける理由が分からぬ…
理由は己で考えよ、ということか…面白い
古の名軍師の問い、解き明かしてみせよう
ねねもう、夫婦ゲンカはダメだよ!
訳を話してごらん? 楽になるよ
月英は頭がいいから考えすぎちゃうのね
よその旦那さんだけど、お説教しなきゃね
宮本武蔵諸葛亮はあんたの夫だろ?
何で戦わなきゃならねえんだ…
そっか 夫婦で斬り合いなんて悲しいもんな
ちょっと安心したぜ