Top > 大坂湾の戦い
HTML convert time to 0.022 sec.


大坂湾の戦い

Last-modified: 2016-08-14 (日) 20:40:48

内容 大坂湾の戦い Edit

難易度:★☆☆☆☆
制限時間:60分

あらすじ Edit

広大な青空、穏やかな海。その美観を突如砲撃音が切り裂く。
妲己の奇襲攻撃に、のどかな港は大混乱。
無粋を許さぬ三人は、凄絶かつ美しき葬送曲を妲己に奏でる。

勝利・敗北条件 Edit

勝利条件妲己の撃破
敗北条件袁紹の敗走

軍団情報 Edit

連合軍遠呂智軍所持品
袁紹妲己-
鄧艾呂布600
長宗我部信親佐々木小次郎武器
審配夜刀神150
郭図偽何歟150
(呂布)<野槌>150
プレイヤー悪樓150
狻猊150
魔計奴鬼150
煙々羅150
睚眦武器
螭首150
<飛頭蛮>150
牛鬼150
<陳宮>武器
<高順>150
独足鬼150
水鬼150
亡者火150
隠神刑部150
(孫悟空)武器
(<僵死>)150
(妖術兵長×2)-

※<武将名>は難易度:難しい以上で出現

発生イベント Edit

イベント名イベント内容発生条件
狐に使われる猿孫悟空出現信親が港付近に到着
凄絶な策味方船団出現、敵船団破壊信親が港に到着し、孫悟空を撃破
霧発生戦場に霧が発生し、味方船団砲撃停止味方船団砲撃開始後
美しい空と海霧が晴れ、味方船団砲撃再開妖術兵長×2撃破
鬼神出陣呂布が本陣に向かって進軍一定時間経過?
鬼神の目覚め呂布が寝返る呂布を撃破
至高の美技敵援軍到着停止100連撃達成

掛け合いイベント Edit

発生条件・内容味方武将掛け合い
開始直後任意妲己「あと少しで、私たちの勝利ね!」
妲己「もうとっとと終わりにしちゃいましょ 全軍、進め!」
開始直後2任意袁紹「名族である私をここまで苦しめるとは…」
元親「安心しろ 俺もここで貴様と心中する気はない」
元親「信親! 港を押さえ、水軍を呼び込んで来い」
信親一定地点到達任意妲己「何か企んでるみたいだけど たぶん手遅れだよ」
狐に使われる猿長宗我部元親元親「読まれていたか…上等」
妲己「私を誰だと思ってんの? 悟空さ〜ん、あとお願い」
悟空「ちっ、なんで妲己に使われなきゃいけねーんだ?」
孫悟空撃破任意悟空「ま、お前らの好きにしたらいいや あばよっ!」
凄絶な策張郃
長宗我部元親
張郃「さあ、水軍の皆さん 美しき弾道を描き…」
元親「敵陣に恐怖と絶望を刻み込め…凄絶にな!」
凄絶な策、成功張郃張郃「凄絶な策が華麗に成果をあげましたよ」
鬼神出陣任意妲己「ちょっと奉先さん 寝てるんじゃないでしょうね」
呂布「うるさい奴だ、出るぞ!」
第二陣出陣任意妲己「なにぐずぐずしてんの! 早く落としちゃってよ」
敵援軍を止めよ張郃張郃「敵の援軍は止みそうにありませんね…ならば」
張郃「私の美しい武技で釘付けにして差し上げましょう」
妲己「なんか面白そ〜 私だって負けないよ」
至高の美技張郃張郃「至高の美技、たっぷりとご覧いただきましょう」
遠呂智兵「おぉ…」
妲己「あんたたち! あんな男より私を見なさいよ」
霧発生任意妲己「鬱陶しいなぁ…これで狙えなくなるかな?」
元親「これでは敵味方の区別ができん…砲撃をやめろ」
張郃「この手の霧はどこぞの術者の仕業でしょう」
貂蝉「霧の中に潜んでいるはず 急ぎましょう」
美しい空と海張郃
貂蝉
張郃「霧が晴れました! 空も海も、こんなに美しい」
貂蝉「水軍の皆さん、再び砲撃をお願いします」
妲己の悲鳴任意妲己「あだだだ…こんなとこいられないっ!」
小次郎と対峙張郃小次郎「安心して…僕が綺麗に斬ってあげる」
張郃「私の流麗なる刃に切られるのはあなたです」
呂布と対峙貂蝉呂布「貂蝉! 何をしている 俺と来い」
貂蝉「嫌です! 妲己になどに従っている奉先様など」
貂蝉「私が、目を覚まさせて差し上げます」
呂布「いい加減にしろ貂蝉! 死にたいか!」
貂蝉「死など、覚悟の上です」
呂布降伏貂蝉貂蝉「ただ己の武を持って敵を圧する誇り高き戦」
貂蝉「そんな奉先様ならどこまでもご一緒します」
呂布「俺は自分を見失っていた…俺は、呂布だ!」
妲己と対峙張郃
長宗我部元親
妲己「どこの楽団の方々? 踊って見せなさいよ」
張郃「ならば私たちの美麗なる舞、お目に掛けましましょう」
元親「俺も凄絶に奏でてやる 貴様に送る葬送曲をな」
百々目鬼百々目鬼「妲己様、もはや勝ち目はありませぬ…」
妲己「雑魚の癖に裏切らないでよ!」
妲己と呂布が対峙任意呂布「妲己! もはや貴様に用はない 俺に討たれろ」
妲己「裏切るの? そんなんだから友達できないんだよ」
勝利任意妲己「負けちゃった 楽勝のはずだったのに〜」
張郃「美しき技が国を越えて集い、大きな力となりました」
貂蝉「人の想いも、きっと…」
元親「奏でよう、皆の想いを乗せてな」