Top > > 5章『桶狭間の戦い』
HTML convert time to 0.083 sec.


呉/5章『桶狭間の戦い』

Last-modified: 2016-08-14 (日) 21:11:19

内容 呉5章 Edit

難易度:★★★☆☆
制限時間:60分

あらすじ Edit

孫策と大喬も合流し、清盛と呂布を倒した孫呉。
護るか、闘うか。
どちらが正しいのかは解らないが、孫呉は戦い、攻めを選んだ。
目標は呂布の本陣、陽平関。
だが途中、伊達軍と遭遇してしまった。

勝利・敗北条件 Edit

勝利条件伊達政宗の撃破
敗北条件本陣の陥落

軍団情報 Edit

呉軍許褚軍伊達軍所持品伊達軍所持品
黄蓋(徐盛)許褚伊達政宗-
石川五右衛門(因島亮康)龐徳司馬懿600司馬昭150
程普前田慶次武器屋代景頼150
山上道及150朱霊300
魯粛牛金300片倉小十郎150
陳武伊達成実300郭淮150
児玉就英片倉重長150鍾会武器
乃美宗勝白石宗実150辛毗150
プレイヤー夏侯恩150後藤信康150
王朗150鬼庭綱元武器
文聘武器伊達秀宗300


武器600300150
4600(1)1200(4)1650(11)

発生イベント Edit

イベント名イベント内容発生条件
北間道の障害1がなくなる
北間道の障害2がなくなる

掛け合いイベント Edit

発生条件・内容味方武将掛け合い
黄蓋に接近石川五右衛門黄蓋「五右衛門の奴、熱い戦いをしおるわ」
五右衛門に接近黄蓋五右衛門「やるなあ、黄蓋の旦那! よっ、男前!」
司馬懿と対峙任意司馬懿「馬鹿と遊んでいる暇はない すぐ始末してやるわ!」
許褚許褚「おめえ、曹操様と曹丕様に言いつけてやるだよ!」
司馬懿「好きにしろ 奴らごとき我が知略の敵ではないわ!」
龐徳龐徳「司馬懿殿、魏に戻る気あらば、それがし力になろう」
司馬懿「いらぬ気遣いだ 曹魏におっては我が深謀が腐る」
周瑜周瑜「曹魏での地位を捨てた貴様こそ、馬鹿ではないのか」
黄蓋黄蓋「その細い腕でわしを始末するだと? 笑わせるわ」
大喬大喬「馬鹿…? 私なりに、がんばってるんです!」
小喬小喬「あたしだって、おまえなんかと遊びたくないもん!」
周泰周泰「…耳障りだ…斬る…」
石川五右衛門五右衛門「五右衛門様にその暴言、あ、気にいらね〜な〜!」
森蘭丸蘭丸「天賦の才も絆を離れれば弱い…それを証明します」
長宗我部元親元親「ならばこの馬鹿に敗れる貴様は、馬鹿以下だな」
源義経義経「武士を侮辱すること許しがたい 覚悟しろ!」
伊達政宗と対峙孫堅孫堅「虎を敵に回し、無傷では帰れぬぞ」
政宗「わしは竜よ! 虎など丸呑みにしてくれるわ!」
孫権孫権「お前…呂布や清盛に降ったのではあるまいな」
政宗「馬鹿め! わしを降す器など天下におらぬわ!」
黄蓋黄蓋「遠呂智が死んでも、まだ悪さをやめんのか!」
政宗「悪さじゃと? 次元が低すぎて、話にならんわ!」
孫策孫策「お前ら、そんな大軍を動かして、どこを攻める気だ」
政宗「敵に手の内を明かす馬鹿がどこにおるか、馬鹿め!」
凌統凌統「あんた、なんだって俺たちの邪魔をするんだ?」
政宗「たわけ! 貴様らがわしの邪魔をしておるのじゃ!」
石川五右衛門五右衛門「黄蓋の旦那に謝っちゃえよ、許してくれるぜ?」
政宗「わしが天下を取った時、泣いて詫びるは貴様らよ!」
立花訐藺訐藺紂峙様の野望、遠呂智との縁、ともに雷切で斬る!」
政宗「斬れぬわ! 決してな!」
源義経義経「源九郎義経、武士の誇りをかけ、お前を討つ!」
政宗「義経でも弁慶でも、邪魔立てするなら容赦せぬ!」
祝融祝融「相変わらず、熱い坊やだねえ」
政宗「わしの志は燃え尽きることを知らぬのじゃ!」

シナリオ開幕・終幕時会話 Edit

開幕時
基本的な流れ

黄蓋ぬっ? 何やら前方に
軍勢が見えるが…
石川五右衛門おいおい、まだ陽平関じゃねえぞ?
ここは桶狭間だ
しかもあれは呂布軍じゃあねえ…
竹に雀の…伊達の旗ときたもんだ!
黄蓋伊達…遠呂智の下にいた小僧か…
各地で乱を起こしていると聞いたが…
石川五右衛門はっ! 遠呂智に代わって
世を支配するって息巻いてるってよ!
黄蓋何にせよ陽平関に向かうには
奴を抜かねばならぬ 全軍、進め!
 

終幕時
基本的な流れ

許楮曹丕様から一緒に戦えって命令されただよ
これから、よろしくなぁ
龐徳それがしの身も委ねたい
我が双戟、今は孫呉のために振るおう
石川五右衛門なんでぇ、ごつい奴らばかりで
あ、華がねぇ〜
ランダム
黄蓋殿、陽平関への道は開けました
さあ、全軍に攻撃の下知を!
孫権父上! 孫呉の魂、今こそ見せるとき!
孫策親父! 準備万端整った!
いつでも出陣できるぜ!
源義経この熱気…これが孫呉の本来の姿か
孫堅、もう迷う必要はなかろう?
孫堅…遠呂智との戦では俺は囚われの身
策や権は互いに争った…
勝利の裏には我らのために振り回され、
傷ついた者がいたことを忘れてはいけない
周瑜それゆえ、殿は慎重に動かれていたのです
二度と同じ悲劇が起こらぬよう…
孫堅だがすでに呂布と清盛により世は乱された
失われた平穏を取り戻さねばなるまい!
長き冬眠もこれで終わりだ
呂布も清盛も我が爪牙で裂いてくれる!
 

ランダムに入る武将と台詞

典韋おめぇも十分ごついだろうが…
夏侯淵ま、お前と比べりゃ俺なんてかわいいもんよ
曹仁民を乱世から守るためには
盾は大きく厚い方がよい…
太史慈なに、俺たちが揃えば、敵を威圧できよう
黄蓋…おぬしが言うか
呂布ふん、華は貂蝉のみでいい…
董卓その通りじゃ!
やはり美女が侍らんと燃えんわ!
孟獲へっ、そこらの花でも拾って頭に挿しとけ!
遠呂智…そうか
平清盛ふん、戦で血の華を咲かせるがよいわ
武田信玄華はないが、わしら皆、かっこいいよ?
本多忠勝愚問!
徳川家康せっかくのお味方になんたる言を…
口を慎め! 五右衛門!
島津義弘ふふ、どいつもこいつも
戦場の似合う無骨ばかりよ
柴田勝家ふ、男は実だけあればよい

様々な武将たちからの五右衛門へのツッコミやリアクションに注目。
唯一遠呂智のセリフがある。少し傷付いてるみたい。